本校では少人数制の強みをフルに活かして、学生一人ひとりと繰り返し面接を行なう事に重点を置いております。この就職難の時代に、国家資格取得が就職において最大の武器となる事は言うまでもありません。

しかし、ただ就職する事に意味があるのではなく、職場が自分に向いているか見極める事が大切です。

どんな有名サロンに就職が決まっても続かなければ意味がありません。

実は、この見極めがとても難しいのです。

本校では、就職後も継続して働ける美容室・エステサロンなどに就けるように、経験知識の豊富な教職員が見極めのお手伝いをし、就職後の企業とのミスマッチによる早期退職をなくすように精一杯のサポートを行なっております。

就職決定までのステップ

1

業界を知る・自己分析
美容業界の仕事内容についてもう一度研究します。その中で自分が働いてみたいサロンを探していきます。サロンの規模、サービスメニュー、地域、通勤時間等を学校求人などを通して選んでいきます。

2

就職希望調査
自分が就職したいサロン等の希望などを学校に提出します。

3

個別面談
クラス担任、就職担当の先生と個別面談に入ります。この面談は一度だけでなく何回でも申し出ればできます。ここで入社試験を受けたいサロンを絞ります。

4

サロン説明会
個別面談した後にサロン説明会が開催されるサロンには参加します。説明会がないサロンでも就職担当から許可をもらいサロン見学に行くことも可能です。

5

応募・面接
希望サロンが決まったら履歴書の提出。就職面接です。この時に通年講座「接客論」で学ぶ履歴書の書き方や写真の撮り方、面接への臨み方等が発揮されます。

6

就職決定!
内定がでたら安心せずに社会人へのスタートを切る準備をしましょう。またサロンによっては入社までの間に課題などが出される場合もあります。また事前研修などもあります。内定が出たからといって安心はできません。

page top